Linux Kernel まで4.16.5 drivers/cdrom/cdrom.c cdrom_ioctl_media_changed Kernel Memory メモリ破損

CVSS 一時的なメタスコア現在のエクスプロイト価格 (≈)CTI注目指数
5.3$0-$5k0.00

脆弱性が Linux Kernel まで4.16.5 内に見つかりました。この脆弱性は 重大 として分類されました。 この脆弱性により影響を受けるのは、ファイル【drivers/cdrom/cdrom.c】に含まれる関数【cdrom_ioctl_media_changed】です。 未知の値で改ざんすることが、 メモリ破損を突く攻撃 「Kernel Memory」に繋がります。 この問題をCWEでは、CWE-119 と定義しました。 このバグは 2018年04月18日に発見されました。 この脆弱性は 2018年05月09日に「Website」のにて 紹介されました。 アドバイザリーは git.kernel.org で共有されています。

この脆弱性は CVE-2018-10940 として知られています。 CVEの割り当ては 2018年05月09日 に行われました。 攻撃はローカルでアプローチされなければなりません。 技術的詳細情報が入手可能です。 入手できるエクスプロイトツールはありません。 現時点で、エクスプロイトツールの価格はおそらく米ドルで約$0-$5kです。

このエクスプロイトツールは 未定義 として宣言されています。 脆弱性は、少なくとも 21 日の間、非公開の0day攻撃ツールとして扱われました。 0dayとして、推定される闇市場取引価格はおよそ $0-$5k でした。 脆弱性スキャナーNessusはID【110476 (Ubuntu 16.04 LTS : linux, linux-aws, linux-kvm, linux-raspi2, linux-snapdragon vulnerabilities (USN-3676-1))】のプラグインを提供しています。ターゲット環境における不具合の有無を判定するのに役立ちます。 これは分類【Ubuntu Local Security Checks 】に割り振られています。 プラグインはタイプ【 l 】のコンテキストで実行されています。 商用脆弱性スキャナーQualysではプラグイン【 157849 (Oracle Enterprise Linux Security Update for kernel (ELSA-2018-3083)) 】を使用してこの問題をテストできます。

バージョン 4.16.6 をアップグレードすることで、この問題に対処できます。 影響を受けているコンポーネントのアップグレードを推奨します。 考えられる回避策が、2 月として脆弱性の公開後公表されました 。

脆弱性は「SecurityFocus (BID 104154) , Tenable (110476)」等の脆弱性データベースにも文書化されています。

製品情報

タイプ

ベンダー

名前

バージョン

ライセンス

CPE 2.3情報

CPE 2.2情報

CVSSv4情報

VulDB CVSS-B Score: 🔍
VulDB CVSS-BT Score: 🔍
VulDB 方向性: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

CVSSv3情報

VulDB ベースメタスコア: 5.4
VulDB 一時的なメタスコア: 5.3

VulDB ベーススコア: 5.3
VulDB 一時的なスコア: 5.1
VulDB 方向性: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

NVD ベーススコア: 5.5
NVD 方向性: 🔍

CVSSv2情報

AVACAuCIA
💳💳💳💳💳💳
💳💳💳💳💳💳
💳💳💳💳💳💳
方向性複雑度認証守秘義務性誠実性可用性
解除解除解除解除解除解除
解除解除解除解除解除解除
解除解除解除解除解除解除

VulDB ベーススコア: 🔍
VulDB 一時的なスコア: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

NVD ベーススコア: 🔍

悪用する情報

名前: Kernel Memory
クラス: メモリ破損 / Kernel Memory
CWE: CWE-119
CAPEC: 🔍
ATT&CK: 🔍

ローカル: はい
リモート: いいえ

可用性: 🔍
ステータス: 未定義

EPSS Score: 🔍
EPSS Percentile: 🔍

価格予測: 🔍
現在の価格評価: 🔍

0-Day解除解除解除解除
本日解除解除解除解除

Nessus ID: 110476
Nessus 名前: Ubuntu 16.04 LTS : linux, linux-aws, linux-kvm, linux-raspi2, linux-snapdragon vulnerabilities (USN-3676-1)
Nessus ファイル: 🔍
Nessus リスク: 🔍
Nessus ファミリー: 🔍
Nessus Context: 🔍

Qualys ID: 🔍
Qualys 名前: 🔍

脅威インテリジェンス情報

関心: 🔍
アクティブ アクター: 🔍
アクティブな APT グループ: 🔍

対策情報

推奨: アップグレード
ステータス: 🔍

リアクション時間: 🔍
0day日時: 🔍
暴露日時: 🔍

アップグレード: Kernel 4.16.6
パッチ: git.kernel.org

タイムライン情報

2018年04月18日 🔍
2018年05月09日 +20 日 🔍
2018年05月09日 +0 日 🔍
2018年05月09日 +0 日 🔍
2018年05月09日 +0 日 🔍
2018年05月10日 +1 日 🔍
2018年06月11日 +32 日 🔍
2018年06月12日 +1 日 🔍
2023年03月11日 +1733 日 🔍

ソース情報

ベンダー: kernel.org

アドバイザリー: USN-3676-1
ステータス: 確認済み

CVE: CVE-2018-10940 (🔍)
SecurityFocus: 104154 - Linux Kernel CVE-2018-10940 Local Denial of Service Vulnerability

エントリ情報

作成済み: 2018年05月10日 10:03
更新済み: 2023年03月11日 12:51
変更: 2018年05月10日 10:03 (80), 2020年02月03日 17:29 (4), 2023年03月11日 12:43 (5), 2023年03月11日 12:51 (1)
完了: 🔍
Cache ID: 3:94B:40

討論

コメントはまだありません。 言語: ja + en.

コメントするにはログインしてください。

Do you need the next level of professionalism?

Upgrade your account now!