Microsoft Windows OLE Automatisation WMF Image Remote Code Execution

CVSS 一時的なメタスコア現在のエクスプロイト価格 (≈)CTI注目指数
7.0$0-$5k0.00

脆弱性が Microsoft Windows 内に見つかりました。この脆弱性は 重大 として分類されました。 この脆弱性により影響を受けるのは、コンポーネント【OLE Automatisation】の未知の機能です。 未知の値でWMF Imageの一部として攻撃することが、 Remote Code Executionを突く攻撃に繋がります。 この問題をCWEでは、CWE-189 と定義しました。 この脆弱性は 2011年06月14日に Palo Alto Networkの Yamata Liより「Technet」の Bulletinにて 「MS11-038」として 紹介されました。 アドバイザリーは microsoft.com で共有されています。

この脆弱性は CVE-2011-0658 として知られています。 CVEの割り当ては 2011年01月28日 に行われました。 入手できる技術的詳細情報はありません。 この脆弱性の悪用頻度の高さは平均を超えています。 入手できるエクスプロイトツールはありません。 現時点で、エクスプロイトツールの価格はおそらく米ドルで約$0-$5kです。

このエクスプロイトツールは 未定義 として宣言されています。 0dayとして、推定される闇市場取引価格はおよそ $25k-$100k でした。 脆弱性スキャナーNessusはID【55118 (MS11-038: Vulnerability in OLE Automation Could Allow Remote Code Execution (2476490))】のプラグインを提供しています。ターゲット環境における不具合の有無を判定するのに役立ちます。 これは分類【Windows : Microsoft Bulletins 】に割り振られています。 プラグインはタイプ【 local 】のコンテキストで実行されています。 商用脆弱性スキャナーQualysではプラグイン【 90709 (Microsoft OLE Automation Remote Code Execution Vulnerability (MS11-038)) 】を使用してこの問題をテストできます。

パッチ名は MS11-038 です。 バグフィックスは、microsoft.com からダウンロードすることが可能です。 影響を受けているコンポーネントのアップグレードを推奨します。 考えられる回避策が、すぐにとして脆弱性の公開後公表されました 。

さらに、この種の攻撃は「TippingPoint」の【11287】フィルターを使用して検出及び防御できます。 脆弱性は「SecurityFocus (BID 48174), Secunia (SA44733), Vulnerability Center (SBV-31768) , Tenable (55118)」等の脆弱性データベースにも文書化されています。

製品情報

タイプ

ベンダー

名前

CPE 2.3情報

CPE 2.2情報

CVSSv3情報

VulDB ベースメタスコア: 7.3
VulDB 一時的なメタスコア: 7.0

VulDB ベーススコア: 7.3
VulDB 一時的なスコア: 7.0
VulDB 方向性: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

CVSSv2情報

AVACAuCIA
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
方向性複雑度認証守秘義務性誠実性可用性
解除解除解除解除解除解除
解除解除解除解除解除解除
解除解除解除解除解除解除

VulDB ベーススコア: 🔍
VulDB 一時的なスコア: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

NVD ベーススコア: 🔍

悪用する情報

クラス: Remote Code Execution
CWE: CWE-189
ATT&CK: 未知

ローカル: いいえ
リモート: はい

可用性: 🔍
ステータス: 未定義

EPSS Score: 🔍
EPSS Percentile: 🔍

価格予測: 🔍
現在の価格評価: 🔍

0-Day解除解除解除解除
本日解除解除解除解除

Nessus ID: 55118
Nessus 名前: MS11-038: Vulnerability in OLE Automation Could Allow Remote Code Execution (2476490)
Nessus ファイル: 🔍
Nessus リスク: 🔍
Nessus ファミリー: 🔍
Nessus Context: 🔍

OpenVAS ID: 902377
OpenVAS 名前: Microsoft Windows OLE Automation Remote Code Execution Vulnerability (2476490)
OpenVAS ファイル: 🔍
OpenVAS ファミリー: 🔍

Qualys ID: 🔍
Qualys 名前: 🔍

脅威インテリジェンス情報

関心: 🔍
Active Actors: 🔍
Active APT Groups: 🔍

対策情報

推奨: アップグレード
ステータス: 🔍

リアクション時間: 🔍
0day日時: 🔍
暴露日時: 🔍

アップグレード: microsoft.com
パッチ: MS11-038
TippingPoint: 🔍

McAfee IPS: 🔍
McAfee IPS バージョン: 🔍

ISS Proventia IPS: 🔍
PaloAlto IPS: 🔍
Fortigate IPS: 🔍

タイムライン情報

2011年01月28日 🔍
2011年06月14日 +137 日 🔍
2011年06月14日 +0 日 🔍
2011年06月14日 +0 日 🔍
2011年06月14日 +0 日 🔍
2011年06月14日 +0 日 🔍
2011年06月15日 +1 日 🔍
2011年06月15日 +0 日 🔍
2011年06月16日 +1 日 🔍
2011年06月20日 +4 日 🔍
2021年03月19日 +3560 日 🔍

ソース情報

ベンダー: microsoft.com
製品: microsoft.com

アドバイザリー: MS11-038
調査者: Yamata Li
組織: Palo Alto Network
ステータス: 確認済み

CVE: CVE-2011-0658 (🔍)
OVAL: 🔍
IAVM: 🔍

Vulnerability Center: 31768 - [MS11-038] Microsoft OLE Automation on Windows Remote Arbitrary Code Execution Vulnerability, Critical
SecurityFocus: 48174 - Microsoft Object Linking and Embedding (OLE) Automation WMF File Remote Code Execution Vulnerability
Secunia: 44733 - Microsoft Windows OLE Automation WMF Image Parsing Vulnerability, Highly Critical

関連情報: : 🔍

エントリ情報

作成済み: 2011年06月20日 02:00
更新済み: 2021年03月19日 11:19
変更: (3) vulnerability_cvss2_nvd_basescore exploit_price_0day source_nessus_risk
完了: 🔍

コメント

コメントはまだありません。 言語: ja + en.

コメントするにはログインしてください。

Might our Artificial Intelligence support you?

Check our Alexa App!