VDB-52091 · CVE-2010-0934 · BID 36261

Perforce Server 2008.1 特権昇格

CVSS 一時的なメタスコア現在のエクスプロイト価格 (≈)CTI注目指数
7.5$0-$5k0.00

Perforce Server 2008.1内に 重大 として分類された脆弱性が発見されました。 この問題により影響を受けるのは、未知の機能です。 未知の値で改ざんすることが、 特権昇格を突く攻撃に繋がります。 この脆弱性に対応するCWEの定義は CWE-78 です。 この脆弱性は 2010年03月05日に Intevydisの「Website」のにて 紹介されました。 アドバイザリーは securityfocus.com から入手可能です。

この脆弱性は CVE-2010-0934 として扱われます。 入手できる技術的詳細情報はありません。 入手できるエクスプロイトツールはありません。 現時点で、脆弱性の構成から考えられる取引価格帯を約$0-$5k米ドルと算出しました。 この脆弱性は、MITRE ATT&CKプロジェクトによって T1202 に割り当てられました。

このエクスプロイトツールは 未定義 として宣言されています。 0dayにはおよそ $0-$5k の価値があったと予想しています。 】のプラグインを提供しています。

脆弱性は「SecurityFocus (BID 36261) , Vulnerability Center (SBV-26324)」等の脆弱性データベースにも文書化されています。

製品情報

ベンダー

名前

CPE 2.3情報

CPE 2.2情報

CVSSv3情報

VulDB ベースメタスコア: 7.5
VulDB 一時的なメタスコア: 7.5

VulDB ベーススコア: 7.5
VulDB 一時的なスコア: 7.5
VulDB 方向性: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

CVSSv2情報

AVACAuCIA
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
方向性複雑度認証守秘義務性誠実性可用性
解除解除解除解除解除解除
解除解除解除解除解除解除
解除解除解除解除解除解除

VulDB ベーススコア: 🔍
VulDB 一時的なスコア: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

NVD ベーススコア: 🔍

悪用する情報

クラス: 特権昇格
CWE: CWE-78 / CWE-74 / CWE-707
ATT&CK: T1202

ローカル: いいえ
リモート: はい

可用性: 🔍
ステータス: 未定義

EPSS Score: 🔍
EPSS Percentile: 🔍

価格予測: 🔍
現在の価格評価: 🔍

0-Day解除解除解除解除
本日解除解除解除解除

OpenVAS ID: 100521
OpenVAS 名前: Perforce Multiple Vulnerabilities
OpenVAS ファイル: 🔍
OpenVAS ファミリー: 🔍

脅威インテリジェンス情報

関心: 🔍
アクティブ アクター: 🔍
アクティブな APT グループ: 🔍

対策情報

推奨: 既知の緩和策なし
ステータス: 🔍

0day日時: 🔍

タイムライン情報

2009年09月03日 🔍
2009年09月03日 +0 日 🔍
2010年03月05日 +182 日 🔍
2010年03月05日 +0 日 🔍
2010年03月05日 +0 日 🔍
2010年07月07日 +124 日 🔍
2015年03月19日 +1716 日 🔍
2021年09月05日 +2362 日 🔍

ソース情報

アドバイザリー: securityfocus.com [404 Not Found]
組織: Intevydis
ステータス: 未定義

CVE: CVE-2010-0934 (🔍)
Vulnerability Center: 26324 - Perforce Server 2008.1 Remote Authenticated Arbitrary Code Execution Vulnerability via \, High
SecurityFocus: 36261 - Perforce Multiple Remote Security Vulnerabilities

関連情報: : 🔍

エントリ情報

作成済み: 2015年03月19日 12:22
更新済み: 2021年09月05日 08:24
変更: 2015年03月19日 12:22 (50), 2017年02月28日 11:36 (10), 2021年09月05日 08:24 (3)
完了: 🔍

討論

コメントはまだありません。 言語: ja + en.

コメントするにはログインしてください。

Do you want to use VulDB in your project?

Use the official API to access entries easily!