IBM SPSS SamplePower 前の3.0.0.0 ActiveX Control メモリ破損

エントリ編集履歴差分jsonxmlCTI
CVSS 一時的なメタスコア現在のエクスプロイト価格 (≈)CTI注目指数
9.5$0-$5k0.00
非常に重大 として分類されている脆弱性が IBM SPSS SamplePower 内に見つかりました。 影響を受けるのは、コンポーネント【ActiveX Control】の未知の関数です。 未知の値で改ざんすることが、 メモリ破損を突く攻撃に繋がります。 この脆弱性に対応するCWEの定義は CWE-CWE-119 です。 CVEによる要約は以下の通りになっています。
Multiple buffer overflows in the Vsflex8l ActiveX control in IBM SPSS SamplePower 3.0 before FP1 allow remote attackers to execute arbitrary code via a long (1) ComboList or (2) ColComboList property value.
この脆弱性は 2013年04月29日に Alexander Gavrun (rgod)より「Website」のにて 紹介されました。 アドバイザリーは xforce.iss.net にてダウンロード用に公開されています。 この脆弱性は CVE-2012-5945 として扱われます。 CVEの割り当ては 2012年11月21日 に行われました。 攻撃はリモートで開始される可能性があります。 入手できる技術的詳細情報はありません。 入手できるエクスプロイトツールはありません。 エクスプロイトツールの現在の価格はおそらく米ドルで約$0-$5kです。 このエクスプロイトツールは 未定義 として宣言されています。 0dayにはおよそ $25k-$100k の価値があったと予想しています。 脆弱性スキャナーNessusはID【66473 (IBM SPSS SamplePower 3.0 < 3.0 FP 1 Multiple ActiveX Controls Arbitrary Code Execution)】のプラグインを提供しています。不具合の有無をターゲット環境にて判定できます。 これは【Windows 】に分類されています。 バージョン 3.0.0.0 をアップグレードすることで、この問題に対処できます。 影響を受けているコンポーネントのアップグレードを推奨します。 さらに、この種の攻撃は「TippingPoint」の【12936】フィルターを使用して検出及び防御できます。 脆弱性は「SecurityFocus (BID 59527), X-Force (80561), Vulnerability Center (SBV-39673) , Tenable (66473)」等の脆弱性データベースにも文書化されています。

製品情報編集

ベンダー

名前

CPE 2.3情報編集

CPE 2.2情報編集

CVSSv3情報編集

VulDB ベースメタスコア: 10.0
VulDB 一時的なメタスコア: 9.5

VulDB ベーススコア: 10.0
VulDB 一時的なスコア: 9.5
VulDB 方向性: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

CVSSv2情報編集

AVACAuCIA
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
🔍🔍🔍🔍🔍🔍
方向性複雑度認証守秘義務性誠実性可用性
解除解除解除解除解除解除
解除解除解除解除解除解除
解除解除解除解除解除解除

VulDB ベーススコア: 🔍
VulDB 一時的なスコア: 🔍
VulDB 信頼性: 🔍

NVD ベーススコア: 🔍

悪用する情報編集

クラス: メモリ破損
CWE: CWE-119
ATT&CK: 未知

ローカル: いいえ
リモート: はい

可用性: 🔍
ステータス: 未定義

価格予測: 🔍
現在の価格評価: 🔍

0-Day解除解除解除解除
本日解除解除解除解除

Nessus ID: 66473
Nessus 名前: IBM SPSS SamplePower 3.0 < 3.0 FP 1 Multiple ActiveX Controls Arbitrary Code Execution
Nessus ファイル: 🔍
Nessus ファミリー: 🔍

脅威インテリジェンス情報編集

関心: 🔍
Active Actors: 🔍
Active APT Groups: 🔍

対策情報編集

推奨: アップグレード
ステータス: 🔍

0day日時: 🔍

アップグレード: SPSS SamplePower 3.0.0.0
TippingPoint: 🔍

McAfee IPS: 🔍
McAfee IPS バージョン: 🔍

ISS Proventia IPS: 🔍
PaloAlto IPS: 🔍
Fortigate IPS: 🔍

タイムライン情報編集

2012年11月21日 🔍
2013年04月26日 +156 日 🔍
2013年04月26日 +0 日 🔍
2013年04月29日 +3 日 🔍
2013年04月29日 +0 日 🔍
2013年05月16日 +17 日 🔍
2013年05月22日 +6 日 🔍
2015年03月24日 +671 日 🔍
2016年04月18日 +391 日 🔍
2017年04月30日 +377 日 🔍

ソース情報編集

ベンダー: https://www.ibm.com/

アドバイザリー: xforce.iss.net
調査者: Alexander Gavrun (rgod)
ステータス: 未定義
確認: 🔍

CVE: CVE-2012-5945 (🔍)
SecurityFocus: 59527 - IBM SPSS SamplePower 'olch2x32' ActiveX Control Multiple Remote Code Execution Vulnerabilities
X-Force: 80561
Vulnerability Center: 39673 - IBM SPSS SamplePower 3.0 Before FP1 Vsflex8l ActiveX Remote Code Execution Vulnerability, Critical

関連情報: : 🔍

エントリ情報編集

作成済み: 2015年03月24日 15:54
更新済み: 2017年04月30日 10:41
変更: (9) advisory_url advisory_person_name advisory_person_nickname advisory_confirm_url source_cve_assigned source_securityfocus_date source_securityfocus_class source_mcafee_ips_id source_mcafee_ips_version
完了: 🔍

コメント

コメントはまだありません。 コメントするにはログインしてください。

Are you interested in using VulDB?

Download the whitepaper to learn more about our service!